早見表(検索つき)  手 相  病気・死  開 運 観相 の注意
 アンテナ(早見表)  吹き出もの  トラブル災い  人 気  気色・血色  自己紹介
 トップページ ホクロ・キズ・シミ 子供・親運  仕事・就職  希望線  談話室
 目次へ戻る  パーツ・整形  恋愛・結婚  金 運  画 相  顔占い(要約)

 z-baraのラベル 

顔の説明の絵/右とか左とかいうのは全て本人の、です

顔の形の色々 (骨 相 ・ ○▽□ ・ 凸凹)

顔の形は、丸顔、逆三角顔、角顔に分けられます。


左の絵をご覧下さい。どこで何を見るかという絵です。
人相のパーツごと 目次顔の中のどの部分が凹凸しているか、その面積はどうか、どんな性格をしているかで、いつごろ開運しやすいかを予測します。

こんな性格をしている→こんな行動をとる→こんな人生になる、と、予測するのが骨相です。
性格をみるポイントは骨ばっているか、肉が多いか見ることです。

―――――――――――――――――――――――――――
性格を決めるのは、大まかですが骨と肉です。
1.骨ばっている←凸、攻める、意
2.肉々している←凹、守る、情。余分なものを保存する人。

判りやすいのは、
骨ばっていた人が太ると情の部分がふえます。顔が丸くなっただけ人当たりが良くなりますが芯は骨なので自分を通そうとします。


 ロケットの先端のように尖った頭
 頭のてっぺんが尖っているのは男性のみ
オスサルが闘うために特別に頭頂部前後を補強する骨が出来ました
こんな頭の人は万難を排して進みます
 庭師に向く顔 ▽と□

 今日と明日は庭師さんが庭の手入れに来てくださるのですが なぜかスリムな人ばかり  そして衣装からしていかにも職人 背筋もシャキッとしています
まず足元からして地下足袋? という指先が2つに割れた靴を履いています

ネットで調べると庭師の条件は健康であること と書いてあります
高いところから落ちては危ないし 太っていては動きにくいからです

庭師に向く顔は ▽ または □
美的センスがいるので ▽顔   体力使って仕事をするので □顔

いらないのは 肉の多い〇顔  いいえ接客交渉と職人使うのに〇顔がいります

 顔を3分割して顔形の暗示を知る
 
顔を3分割する見方は顔の形で見る方法です。
 顔全体のうち 額+ホホ+アゴ=100%、として、どの部分の面積が大きいかでも顔の特徴をつかみましょう。

例えば アゴが無いような人は額かホホが大きいわけです。
ホホでなく額が大きいと額人間ということで夢と現実が区別できにくい傾向がある、などと見ていきます。

どの場所が発達しているかで、性格や開運の時期を知ります。
いつ、金運がめぐってくるかわかります。

・まずは、顔を3分割します。上停
、 中停意、 下停

額の部分を上停
上停は、目上との関係を暗示。そして未来が表示されます (前頭葉、額の場所です。近い未来を知りたい場合は、上停(未来・目上)を見れば、未来がわかります。)

上まぶたから鼻先までを
中停
中停は、社会生活を暗示。そして、現在の自分の意思が表示されます。

鼻先からあごまでを下停
下停は、家庭生活を暗示。そして、肉付きで人徳を見たり、情を大切にする人か、自制できる人か、などがわかります。

骨相にも補相があります


補相というのは、目の悪い人がメガネをかけるように、足りないところを補うことをいいます。
ですから、顔 (骨相) が変わらなくても、「
このような自分でありたい」と意思をもつ(意志を持つ事が補相になります)ことで人生が変わります。

実例 顔の皮膚がとても薄い夫婦が店をもちました
ツラの皮が厚い という言葉があるように 皮膚の厚さは神経の太さ お金のたまりやすさを示します
美男美女を目指し 骨皮になると お金はすぐ出ていきます
補相
経営者の2人は頑張っているのですから すこーし太ると貯まりやすくなるでしょう


骨相の見方の基本・横顔・ 凸凹


左絵→深く考えないで積極的に行動。準備不足で何度も足踏みします。後始末ができにくい。攻めるの上手。護るのは下手です。

右絵→三日月形の顔です。スタートに手間取る。おとなしそうに見えますが、ひょうきんなことを言って笑わせます。中年運が弱いです。

幅広の顔は、守りに強い人です。幅細の顔は、攻めに強い人です。


骨相・顔の形・凸凹


ホホ骨が横に出ていると抵抗力が強い。我慢強いタイプです。
ホホ骨が前に出ていると攻撃力が強いです。

アゴの骨は噛み砕く力=持久力です。
ホホはまぁるく張っているのが良いです。横に張るだけとか前に張るだけはダメです。  


丸 顔  = 肉 = 情


丸顔は、享楽的というか感情で動く人です。
アイデアマン、やりっぱなし。片付けるのが苦手。気安く始めるが何事もあと一押しが足りません 
仕事の仕方は、ごちゃごちゃと寄せ集めの情報のなかからヒントを汲み取るタイプ。

◎プロゴルファーの顔には、なぜか丸顔が多いと思うのですが、気のせいでしょうか? 
◎丸顔の人は親和力があるはず
受付に丸顔の女性を置くと 愛想がいいので繁盛しやすいです
丸顔の人は 四角い部屋を丸く掃くーきます このいい加減さが 他者を受け入れるゆとりになります

◎お多福さんは豊かなホホです。鼻(自我)が小さい。噛み付く口も小さい。 昔は理想の女性像でした。今、お多福さんがいたら 陰で不平をいうでしょう。
理由は、豊かなホホは積極的。でも、口が小さいので、その場では発言しません。 結果として、後でグズグズ言います。


逆三角顔  = 皮膚 = 神経 = 智


逆三角顔は、神経質。智恵が廻る人です。額が広いので目上の引き立て運があります。 
仕事の仕方は、シンプルにしてシャープ。誰のために何をするかと本質を見抜いて表に出す。

最近は、「痩せたがる」人がふえました。
「痩せたがる」と、いう現象は、人相で言いますと、
肉=情 が要らないことです。 必要なもの本質しか要らない人。

ダイエットして頬の肉がとれると、愛されたいというホホの意味が無くなります。
自己主張をはっきりするように変化しました。
媚びる気がなくなった結果、ダメ男だと見抜けるようになりました。
つまり 周辺は同じなのに採点が辛くなったのです。 
ふっくら顔のとき→50点で合格   ホホなし顔のいま→80点でも不合格

ふっくら顔は、何事にも採点が甘いので結婚もしやすいです。
肉=情=相手を受け入れる余裕、ですから、ヤセている人が太ると実際にやさしくなります。



頬の痩せている人-愛される」よりも「信頼されたい」というタイプなので、目下に厳しい人です。ホホからアゴにかけて部下運をみるところです。
見て見ぬふり、相手の良いところを褒める努力が、人徳となってホホに肉がつきます。少しふっくらした方がいいのです


実例 女性大臣がテレビに出演していらした

この大臣は顔の骨格が ▽形でまるで お顔の上半分しか活動していない感じに見えます
部下運を示すホホ肉がなくて大臣・・・・不思議に思いながら様子見していると 驚き!!

話をされるとき 顔の下半分が口になる  つまり 口が大きいのです

▽形の顔の人は頭がいい
大臣は考えることや 思うことを 大きな口でゆったりと 適切に表現なさる
ホホ肉(部下運)なくても 頭がよい人は抜擢されて大きな口が仕事します  


角 顔  = 骨 = 遂行力 = 意


角顔は、クールというか打算的で強情な人です。
ホホが骨ばっている人は、はっきり自己主張します。
わかりやすいので、大衆受けがしますが、その分しっぺ返しを受けやすいです。
でもご本人は気にしていないというか、脇が甘くなります。 
愛よりソロバンという四角顔が野心を持つと、冷酷な決断をします。

四角顔の女性で、目が大きく、鼻がおおきく、口が大きい女性はパワフルです。昔は後家相といいました。
夫や子どもの居場所まで手出しします。自覚しないと、できの悪い夫や子どもにしてしまいます。結果、晩年に泣く傾向があります



 


愛人、アクセサリー用の女性はモンロー、本妻の実力はジャクリーヌですね。ジャクリーヌの顔は四角で再婚相です。
四角顔は計算高いので愛よりソロバン。幸せだったのでしょうか?



はげしい金運―知り合いにジェットコースターに乗ったように 浮き沈みの激しい人生を送っている人がいます。
度胸があって、だましたり、だまされたりが平気です。その人は、鼻が大きく、エラがしっかり張った角顔の人です。


 老後 貧乏になりやすい人
 お金があればあるだけ使って貯金してこなかった人
人相でいうと

目尻の下のカン骨の張りがまったくなく
小鼻の左右でホホが膨らんでいる人=人気者はお金が残らない
※ 親譲りの財産があれば下流老人になりにくい

逆に カン骨が目立ち過ぎる人は苦労ばかりの人生となる

ちょうどいいのは
カン骨も少し見えて 小鼻横の肉もほどほどにあるのが
貯蓄と楽しみのバランスをとって老後の暮らしは無事
※ 安倍首相のカン骨と 小鼻横のホホをご覧ください


 顔を上半分と下半分に区分け
顔を上半分と下半分に区分けすると面白いです  若いときの関心事は 額と目の周囲、つまり未来と色恋  
老いての関心事は 鼻と口とアゴ、つまりお金と健康と命令    ※年お寄りが想像する未来とは墓とか死=宗教


 

社会人として成功しやすい骨相


逆三角形の顔をベースにして(頭が良い)丸顔を加えたもの(情がある)
            

異相について


異相というのは、らんらんと目が光っていることが条件です。
目がらんらんと光らなくなったら、もはや異相ではありません。
←骨骨顔は強引に自己主張を押し通す顔です。
 左右がアンバランスな顔=トリオで安定
 美男美女は 顔の左右の均衡がとれてます
しかし 顔の左右の大きさが均衡してない人がいます
そんな人はトリオで安定と思えばいいです

たとえば 夫婦2人だと喧嘩になりやすいですが 何かを+1 して3 にすれば円滑になにます
子がカスガイになったり 仕事も 本業だけでなく副業をもつと結構才能を発揮します

顔の盛り上がり


途中からムクムクと盛り上がるのは吉です。どんな風に吉かは盛り上がった場所の意味で判断します。
人相早見表 を参考にしてください。
たとえば眉尻(金運)が盛り上がってきた人は、遺産相続でかなりの財が入りました。


 天中・天庭が凹んでいる人

 実例 【質問】 私は天中・天庭が凹んでおります。色つやは特に問題ないのですが。

【答】 顔占いは気色や血色でその時々の運勢を見る占いです。
色つやは特に問題ないということは凹みを気にしないでいいのです。
ただ、天中・天庭が凹んでいると賭け事は弱いです。

【質問者】 賭け事は確かにめっぽう弱いです。ゲームとかの勝負事もすべて弱いです

額の真ん中が凹んでいる人


顔はどこかが凹めばその隣が凸です。そうやってバランスがとれています。

額の真ん中が凹んでいれば、生え際と眉丘が凸になっています。
カンがいいので、考えるより前に行動していまいます。 

若いときは苦労しますが努力すれば晩年に報われます

こめかみが凹んでいる 
 
こめかみが凹んでいると好きなことにのめり込む人です。
良い面と悪い面があります。
良い→集中力があるので物事を完成させやすい。
悪い→周囲へ気がまわりにくいので夫婦仲が悪くなりやすい


  結婚に向かない目尻
 
顔占いで男と女のことは目尻で見ますが 目尻の骨が高すぎたり低すぎたりすると結婚に不向きです
少しぐらいの人は心配いりません よほどひどい場合だけです
それでも結婚したい人は同居しない職業の人や めったに帰ってこない相手を選ぶとよいです

目尻を触ってみてください。骨の継ぎ目があります。つまり、骨相なんです。
凹みが大きいと性格が熱中しやすい。家族なんかほったらかして自分のしたいことに熱中します
凸は耳の付け根からでているカン骨が大きいのです。カン骨は世間に出て行こうとする骨です 何かの指導者になると本に書いてありますが実際は世間への気遣いばかり。
凹んでも凸でも家族への配慮はしません。そのかわり熱中力でうまくいけば専門家で成功します。


眉間が凹んでいる 
 
眉間が凹んでいる人もいます   眉間が低いと若いときはパッとしませんが 低い眉間から鼻先に向け勢いがありますから中年運です
 頑張ってください

頬の痩せている人

「愛される」よりも「信頼されたい」というタイプなので、目下に厳しい人です。
ホホからアゴにかけて部下運をみるところです。
見て見ぬふり、相手の良いところを褒める努力が、人徳となってホホに肉がつきます。少しふっくらした方がいいのです


鬼の顔・仏の顔 


鬼と仏は顔のパーツの凸凹が真反対になっています
鬼の顔は 目鼻口が大きく 耳が小さい  仏の顔は 目鼻口が小さく 耳が大きい


鬼顔の人は 大きな目で睨み 大きな鼻で突進し 大きな口で噛みつく 人の世話なんてまっぴら耳
仏顔の人は 小さい目でよく考え 小さい鼻で妥協し 小さい口で少し微笑む やさしさに人が集まる耳

外面がいいのに家族を泣かせる人がいる←不幸 
逆に 世界中を敵にしても 家族が愛しあっている人もいる←こちらが幸せ


 
パーツ総合判断のしかた 
 
性格は顔のパーツて゜見当がつきます
昔 理想の女性とされたお多福さんの場合 にこにこ顔で夫に従っていたから男性たちの人気がよかっただけで 裏の顔は嫁いびりしたにちがいありません
  では現代の解釈を書きます

顔の特徴  目鼻口が小さい  額とホホが大きくエクボがある

判断のしかた
目鼻が小さい=派手ではない   額が前に凸=記憶力がいい  ホホが大きく凸=自己を押し出したい
  エクボがある=愛嬌ふりまく
口が小さい=自己表現は控えめ

以上のまとめ
表の顔は エクボがある=愛嬌ふりまく
裏の顔は 
口が小さいので人前では発言せず  ホホが大きく凸=自分の思い通りにしたいので陰でグチグチ言わないと気がすまない
額が前に凸=記憶力がいいので 昔のことまで引っ張りだしてグチグチ言う

 人相のみどころ
 
>八の字眉、出た頬骨、肌の汚い  逆三角形の男は最低だった。

質問です 人相上 この男のいけない部分はどこでしょうか

答は 汚い肌 です
八の字眉、出た頬骨、逆三角形は遺伝で本人の責任ではありません
汚い肌は いい加減な生活していると想像できます 


     z-baraにリンク  次のページへリンク